サービスマインド
たとえば、ひとつの工場を新設する。
それを完成させていくには、まず効率的な生産を行うための様々な産業設備が必要です。第二に、工場のより快適な“環境”づくり。 そして第三に、その工場のオフィス機能として、通信・情報管理などを円滑にするシステムが必要になってきます。 日本電気機器では、このような設備導入の各サイクルをパッキング化して考え、「産業システム」「環境システム」「情報システム」という3つのサービスシステムを確立させています。 そしてお客様のご要望に応じ、各システムをうまく組み合わせてトータル・コーディネイトできる体制を整えています。
 
 
トータルなシステム化をめざす、コーディネーターとして。
TOTAL CONSULTING
より合理的な設備ブランニングを行います。
設備拡充や新設のご計面にあたつては、それぞれのお客様の業務内容・規模などによって、考えなければならない要素、条件は随分異なります。そのために当社では、日頃から入念な情報収集・分析を行い、そのデータ・ベースを活用したきめ細やかなコンサルティング活動を徹底させています。そしてそこから、お客様にとって最も合理的であると考えられる設備システムをトータルにプランニング、提案させていただきます。
HUMAN COMMUNICATION
あたたかな「信頼関係」を大切にします。
ビジネスを円滑にするもの、その底辺にあるものは、やはり人と人との“信頼関係”であると日本電気機器は考えます。そしてその’‘信頼関係’は、つねにお客様の立場に立って考え行動すること、ヒューマンなコミュニケーションを大切にしながら、真に満足していただける結果を生んでいくことから育ます。当社ではこのような信念のもとに、全社貝がプロとしてのシビアな自覚と責任をもつように教青・指導を行い、技術力と人間性とのバランスがとれた、ホットなスペシャリスト集団を目指しています。
CAREFUL SERVICE
様々なご要望にきめ細やかに対応します。
当社では、ご注文いただいた商品はできるだけ迅速に、そして確実に納品できるよう物流力を強化、社内のオンライン・ネットワークを利用してリアルタイムな情報を配送センターで集中管理するなど、流通のシステム化をすすめています。またお客様の様々なご要望や万一のトラプルにもスムーズに対応できるようにサービス部門を別会社にし、「日電技術サービス(株)』設立。保守・点検・修理などのメンテナンス、アフター・サービスなどを充実させ、信頼できるネットワークの提供に努めています。