新着情報

 

時代の進化、産業の発展とともに。

モノを効率的に生産し、流通させる。
そのためには効率化の“武器”となる施設や設備を、
よりトータル、より合理的な視点からシステム化していくことが必要です。
さらに時代を的確に先取りすること。
長い目で計画的なシステム化を考えていくこと。

様々な条件を総合・分析しながら、最適な企業システムの環境づくりを
すすめていくことが、未来を切り拓くカギとなります。
日本電気機器は、このようなベクトルのもとに、
力強い産業パートナーとして、ビジネスの発展に尽力したいと考えています。